知春の季節つれづれ〜京都滋賀のハーバリウム、フラワーアレンジメント教室 プリザーブドフラワースクール フラワースタジオチハル

京都の四条烏丸 宇治 南草津のハーバリウム教室、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワースクール。ブライダルブーケ、NFD資格。体験レッスン開催中。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 祇園祭 | main | 茅の輪くぐり >>

山野草

 今年の祇園祭はすごい雨でしたね。スコールみたいで、引き手の方々も皆さん本当に大変だったと思います。
 宵山の日、蟷螂山の大好きな私は、(大学のとき、この動くカマキリを見て感動して以来、よく見物に行っています。)新風館に立ち寄った帰り、ふらっと出かけました。でもやっぱり帰りはすごい人で、なかなか教室に戻れなくなってしまいました。いろいろな鉾を見て歩いているうちに、来年は祇園祭にからめた上級の和風アレンジをもっと考えたいなぁ、なんて思いました。
 ところで先日、幼馴染のあけみちゃんが教室をたずねてきてくれました。彼女は、ずっとジャズダンスのレッスンを続けていて、私と同年代とは思えないくらいすごくスタイルがよくてかっこいい女性です。まだ幼かった頃、そんなあけみちゃんのお家に遊びにいって、お母さんに小さな造花を作らせて頂いたことがあります。気がつけば私は4歳からフローラテープをくるくる巻いていたようです。
 小学校に入っても、造花のキット(プリザーブドなんて全然ない当時はたんぽぽ、ひまわりなどの造花がシリーズで作れるものが手芸店にいっぱいあったようです。)に夢中でたくさん作った思い出があります。私の回りには、いっつもフローラテープや針金があったみたいです。
 そんな小学校の低学年の頃、野の花が紹介される京都を舞台としたドラマになぜかものすごく夢中になり、山野草にとても興味をもちました。私の家には、今でもその頃買った古い本が一杯です。そして、いつか花背や美山町に行きたい、と強く思っていました。(3歳まで住んでいた京都を離れ、私はその頃山口県で暮らしていました。)
 数年前、初めて美山町に行き、花酒で有名なつるや旅館で詳しく説明をして頂いたときはすごくうれしかったです。
 どんな豪華なアレンジよりも私はやっぱりつぼや籠、かめにざっくりと生けられた和風の花を見るのが好きです。
 お会いしたときにサインをしてくださった岡本千鶴さんの本。なんとなく疲れたとき、忙しいとき、必ず眺める一冊です。
 型の決まってる生け花やNFDテストの花は生けられても野の花を生き生きと自然に表現するのはむずかしい。まだまだ、花との対話が足りないんでしょうねー。
 でもいつかこんな風に自然に花が生けられるようになりたい、と思いながら今晩も和風花あしらいのサンプル作りをしています。
 
- | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://f-chiharu.jugem.jp/trackback/5
この記事に対するトラックバック
風花1.風花(かざばな)は、日本で冬の初めごろに突風が吹き、晴れているのに雪がぱらつく現象のこと。冬になり大陸の冷たい高気圧が日本に押し寄せてくる前兆である。また、冬に降り積もった雪が風によって飛ばされ、晴れているのに小雪がちらつく現象のことも指す。--
風花 | 最新テレビドラマ・JPOPからなつかしのテレビドラマ主題歌・JPOPまで | 2006/08/17 8:38 PM